9月5日、テレビ朝日で放送された練りもの大好き「はんぺんとサケのカツレツ」のレシピです。
はんぺんをつぶして鮭を加えカツレツにします。

スポンサードリンク

はんぺんとサケのカツレツ

材料 2人分

はんぺん   200g
さけ(刺身用) 50g
卵白     1/2個分
パルメザンチーズ(粉) 小さじ2
こしょう   適量

パン粉    適量

油      適量
バター    10g

ベビーリーフ 適量
ドレッシング 適量
レモン    適量

作り方

準備
・さけは5mm角に切ります。

1.ボウルにはんぺんを入れて、粘りが出るまでマッシャーなどで細かくつぶします。
 ☆マッシャーがなければフードプロセッサーや手でつぶします。
2.さけ・卵白・パルメザンチーズ・こしょうを加えて混ぜ合わせます。
3.タネを4等分にして丸くし、押さえて円盤形(厚さ1㎝位)に成形します。
4.パン粉をまぶし、包丁の背で片面に1cm幅の格子状に模様をつけます。
 ☆1/3程度抑えるようにして筋をつけます。
5.フライパンにバターと多めの油を中火で熱し、バターから大きな泡が出たら、模様をつけた方を下にして入れ、両面に香ばしく色がつくまで焼きます。(両面合わせて4分)
 ☆油が常に泡立っているようにします。泡が消えるとバターが焦げてきます。またフライパンをときどき揺すって油の温度を均一にします。
5.器にカツレツとベビーリーフを盛り、ドレッシングをかけ、くし形に切ったレモンを添えて完成です。

ポイント

はんぺんは粘りが出るまでつぶしてから、他の具材を混ぜます。パルメザンチーズでコクを出します。

チコリより

はんぺんが洋風のメインのおかずになりますね。格子状に模様をつけるとよりごちそうに見えます。

スポンサードリンク