10月17日、テレビ朝日で放送された蒸しもの・蒸し煮「手羽と白菜の蒸しもの」のレシピです。
鶏手羽中に下味をつけて白菜と一緒に蒸し物にします。高菜漬けが良い味を出します。

スポンサードリンク

手羽と白菜の蒸しもの

材料 2人分

手羽中(半分に切ったもの) 16本
(A)
片栗粉 大さじ1
塩 小さじ1/4
こしょう 適量
オイスターソース 小さじ2
しょうゆ 小さじ2
七味唐辛子 小さじ1/4

高菜漬け 30g
青ねぎ  1本

白菜   130g
塩昆布(細切り) 5g

作り方

・ボウルに手羽中を入れ、(A)の味つけの片栗粉をまぶして端に寄せ、空いたところに塩・こしょう・オイスターソース・しょうゆを入れて混ぜてから手羽中をからませ、七味唐辛子を加えて混ぜ、20分おきます。
・白菜は1cm幅に切ります。
・高菜漬けは7mm角に切ります。
・青ねぎは4cm長さに切ります。

1.白菜・塩昆布を混ぜてもみ、水分を絞って器に盛ります。
2.手羽中のボウルに高菜漬けを加えて混ぜ、青ねぎを加えます。
3.白菜の上に手羽中をひろげて平らにのせ、蒸気の上がった蒸し器に入れ、強火で15分蒸して取り出す。
 ☆手羽中を積み重ねると火通りが悪くなります。15分蒸すと骨離れが良くなります。

ポイント

もも肉でもOKでもOKですが、骨付きの方が味が出て美味しくできます。
中国料理では蒸し物料理は片栗粉をまぶしてから味をつけます。

チコリより

15分しっかり蒸すと骨離れが良くなるそうです。白菜を塩昆布でもんだり、高菜漬けを使ったり、アイディアたっぷりのレシピですね。

スポンサードリンク