12月11日、テレビ朝日で放送されたブリとタラがテーマの「ぶりの照り焼き」のレシピです。
ぶりをつかったおかずの定番「ぶりの照り焼き」を作ります。生臭みを除くコツを覚えたいですね。

スポンサードリンク

ぶりの照り焼き

材料 2人分

ぶり(腹身) 200g
塩     適量
小麦粉   適量
油     適量

かぶ    2個
酒     大さじ3と1/3

柚子    1/2個
長ねぎ   1本

(A)
酒     大さじ4
みりん   大さじ4
しょうゆ  大さじ2と1/3
砂糖    大さじ1と1/2
山椒の佃煮 大さじ1

作り方

準備
・ぶりは3cm幅に切り、塩をふって15分おきます。
 ☆塩をふって水分とともに生臭さも除きます。
・柚子は皮をせん切りにします。
・長ねぎは白髪ねぎにして、一緒に水にさらして混ぜ、水気を取ります。
・かぶの茎を少し残して6等分のくし形に切って皮をむきます。

1.ぶりをさっと洗って水気を取り、刷毛で小麦粉をまぶします。
2.フライパンに油(適量)を熱してかぶを中火で焼き、焼き色がついたら、酒をふりかけてふたをし、2分蒸し焼きにし、塩を少量ふって取り出します。
3.油を少量足して強めの中火でぶりを入れて両面それぞれ1分ずつ焼いて焼き目をつけます。
4.水(100ml・分量外)を加えてすぐに水を捨てます。
 ☆フライパンの油やぶりから出た余分な脂を除きます。
5.(A)を加えて中火で煮つめながらからめます。
 ☆山椒のつくだ煮はお好みで加えればOKです。
6.器にかぶとぶりを盛り、白髪ねぎと柚子の千切りをのせて完成です。

ポイント

ぶりは小麦粉をまぶして焼いたら、水を加えて余分な脂を抜きます。

チコリより

ぶりの生臭みを除くのにこんな方法があったとは…。ぜひやってみたいと思います。

スポンサードリンク