3月5日、テレビ朝日で放送された春の麺料理「春天うどん」のレシピです。
そら豆、桜えび、せりと春の食材をかき揚げにして、うどんにのせていただきます。

スポンサードリンク

春天うどん

材料 2人分

そら豆  6さや
桜えび  20g
せり   40g
小麦粉  大さじ2

(A)衣
水    90ml
小麦粉  40g
片栗粉  10g

揚げ油  適量

(B)かけだし
だし   1リットル
みりん  50ml
塩    小さじ1/2
薄口しょうゆ 大さじ2と1/3

ゆでうどん(冷凍) 2玉

長ねぎの小口切り 1/2本

作り方

準備
・そら豆はさやから取り出して薄皮をむきます。
・せりは3cm長さに切ります。
・(A)を泡だて器、または箸で合わせます。

1.鍋に(B)を加えて火にかけ、煮立ったら弱火にして5分煮ます。
 ☆5分程煮ることでまろやかな味わいになります。
2.ボウルにそら豆・せり・桜えびを入れて混ぜ、小麦粉をまぶし、(A)を混ぜ合わせます。
3.揚げ油を170℃に熱し、(2)をきじゃくしに適当な大きさに取って平らにし、2~3度返しながら3~4分衣がカリッとするまで揚げます。
4.熱湯でうどんを温めて器に盛り、かけだしを注ぎ、かき揚げ・長ねぎの小口切りをのせて完成です。

ポイント

かけだしは弱火にして5分ほど煮ることでしょうゆのかどがとれてまろやかになります。
かき揚げの具材は衣をつける前に薄く小麦粉をまぶします。

チコリより

かき揚げの衣がとても少なくておいしそうです。分量通りで作るとだれでも失敗なく作ることができるそうです。

スポンサードリンク