3月26日、テレビ朝日で放送されたおかずの基本「ナスの煮浸し」のレシピです。
細かく切り込みを入れたなすをしし唐と一緒に基本のだしに砂糖を加えて煮浸しにします。干しエビも加えて旨みをアップします。

スポンサードリンク

ナスの煮浸し

材料 2人分

なす   3本
干しえび 15g
ししとう 6本
しょうが 20g

油    適量

(A)
だし   400ml
みりん  大さじ2と2/3(40ml)
砂糖   大さじ1と1/2
薄口しょうゆ 大さじ2と2/3(40ml)

作り方

準備
・なすはへたと花つき(おしりの部分)を切って縦半分に切り、表面に細かく切り込みを入れ、長さを半分に切って水につけて水気を取ります。
 ☆水にさっとくぐらせ、水気をふけばOKです。
・干しえびは粗めに刻みます。
・ししとうはへたを除きます。
・しょうがは細い千切りにします。

1.深めのフライパンに油(適量)・干しえびを入れて弱火で炒めて香りを出します。
2.なす・ししとうを油を足しながら炒め、
 ☆なすの変色を防ぐために全体に油でコーティングします。白い果肉部分が油を含んで色が濃くなるよう油を少しずつ足しながら炒めます。
3.(A)を加えて、アルミ箔などで落としぶたをして、沸騰したら中火で8分煮ます。
4.(3)を器に盛り、しょうがのせん切りをのせて完成です。

ポイント

ナスがしんなりしていたら水につけて表面の皮を張らせてから調理するとおいしくできます。
煮物の調味の基本的な割合はだし:みりん:しょうゆが10:1:1になります。これの砂糖で甘みを少し加えています。

チコリより

なすがつやよく煮上がっていてとてもおいしそうです。思ったよりもナスに油を加えていました。油を含むとコクが出ておいしいですね。なすの切り込みやしょうがの千切りもとても細くて美しいです。切り方でもおいしさが伝わってきます。

スポンサードリンク