7月23日、テレビ東京の「男子ごはん」で放送された料理研究家の栗原心平さんが作る夏のアレンジ麺2品「よだれ鶏の和え麺」と「こしょう風味の和辛子ドレッシング」のレシピです。
四川料理のよだれ鶏を中華麺と和えたアレンジ料理「よだれ鶏の和え麺」とアローヘッドキャベツを使った「こしょう風味の和辛子ドレッシング」を作ります。

スポンサードリンク

よだれ鶏の和え麺

材料 3~4人分

手羽先   8本(約500g)
(A)
水     500cc
酒     50cc
しょうが  1片

きゅうり  6㎝
パクチー  1枝
万能ねぎ(小口切り) 適量
ゆで卵(半熟) 2個
中華麺(平打ち縮れ麺) 2玉

(B)
赤唐辛子  2本
しょうゆ  大さじ2
オイスターソース 大さじ1よ1/2
ラー油   大さじ1と1/2
白いりごま 大さじ1
みそ    小さじ2
豆板醤   大さじ1/2
砂糖    大さじ1/2

作り方

準備
・手羽先は身の方に包丁で切り込みを入れながら軟骨を切り離します。
・きゅうりは斜め2㎜厚さに切ってから縦細切りにします。
・パクチーの葉は摘み、茎は粗みじん切りにします。
・赤唐辛子は種ごとちぎります。
・茹でや孫は半分に切ります。

1.鍋に手羽先・(A)を入れてふたをして強火にかけ、沸いてきたら弱火で30分茹でて、冷まします。ゆで汁は150ccを取り分けます。
2.手羽先を取り出し、骨を抜いて身を縦に2~3本に割きます。
3.ボウルに(B)・鶏のゆで汁を入れて混ぜ合わせます。
4.中華麺は袋の表示時間通りに茹で、流水でよく洗い、水気をしっかりきります。
5.器に麺を盛り、きゅうり・鶏肉をのせます。
5.(B)のたれをかけ、パクチー・万能ねぎをちらし、ゆで卵を添えて完成です。

POINT

よだれ鶏は「その美味しさを想像しただけで、よだれが出てしまう」という意味で、茹でた鶏肉を冷やして辛いソースをかけ四川料理の冷菜です。
鶏の茹で汁も使ってたれを作ります。


スポンサードリンク

こしょう風味の和辛子ドレッシング

材料 3~4人分

アローヘッドキャベツ 1/2個

(C)
マヨネーズ 大さじ3
和辛子   小さじ1/2
レモン汁  適量
黒こしょう 適量

作り方

準備
・アローヘッドキャベツは食べやすく手でちぎります。

1.ボウルに(C)を混ぜ合わせます。
2.器にアローヘッドキャベツを盛り、(C)のドレッシングを添えて完成です。

チコリより

鶏肉はホロホロになっていて、ちょっと辛そうでっすがピリ辛なたれがとてもおいしそうです。和辛子ドレッシングはいろいろ使えそうですね。

夏のアレンジ麺2品

  • 韓国風!冷製ごまじそパスタ
  • 韓国風かぼす風味のピリ辛ドレッシング
  • よだれ鶏の和え麺
  • こしょう風味の和辛子ドレッシング
  • スポンサードリンク