6月21日、テレビ東京なないろ日和「薬丸キッチン」のコーナーで放送された「レストラン大宮」シェフ大宮勝雄さんが作る「キエフ風チキンカツレツのオープンサンド」のレシピです。
ブラックオリーブ・マッシュルーム・アンチョビを合わせたソースとバターを包んだささみで作ったチキンカツでオープンサンドにします。

スポンサードリンク

キエフ風チキンカツレツのオープンサンド

材料 2人分

鶏ささみ     2本
塩        少々
こしょう     少々

ブラックオリーブ 20g
マッシュルーム  20g
アンチョビ    10g

バター      40g

小麦粉      適量
卵        1個
パン粉      適量
オリーブオイル  適量

トースト     2枚
キャベツの千切り 適量

作り方

準備
・ブラックオリーブ・マッシュルームはみじん切りにします。
・アンチョビはペースト状にします。
・ささみは筋に沿って包丁をいれ、筋を取り除き、薄く観音開きにします。
 ☆指先に塩をつけると筋を持ちやすいです。

1.ボウルにマッシュルーム・ブラックオリーブ・アンチョビを混ぜ合わせます。
2.ささみはラップで挟んでたたき、塩・こしょうをふり、①を塗って、バターをのせ、ささみで包みます。
3.小麦粉→溶き卵→パン粉の順で衣をつけます。
4.フライパンに多めのオリーブオイルを熱し、両面揚げ焼き(片面2分30秒位)にします。
5.トーストに千切りキャベツをのせ、チキンカツをのせて完成です。

POINT

キエフ風チキンカツはウクライナ料理です。
バターは薄めに大きくカットし、冷得た状態で使います。バターが流れないようにささみでしっかり包みます。
①で作ったソースは魚にも合います。

チコリより

チキンカツを切ると中から溶けたバターが出てきます!ソースがおいしそうです。

スポンサードリンク